リニューアルのためサイトを移動いたしました。
新しいホームページは、下記のアドレスに移転しました。
http://www.lekue.jp/
お手数ですがブックマークの変更をお願いします。


2008年08月05日

lecipe_title_top_bg.gif
lecipe_title_bottom_bg.gif
スチームケース

「時間はないけれど、料理は手づくりしたい」
「料理は嫌いじゃないけれど、洗い物が面倒」
「おかずをもう一品作りたいけど、手間をかけたくない」
「できるだけカロリーを抑えて美味しい料理を作りたい」
「一人暮らしで栄養バランスが気になるけれど、料理は苦手」
「わたしが留守の時に、夫や子供でも調理ができれば・・・」


このような、いろんな方のニーズに応えることができるのが、スペイン・ルクエ社の「スチームケース」。電子レンジを使う調理器具として、そのまま食器として、そして保存容器としてと三役をこなすすぐれものです。
「安全に」「手早く」「カンタンに」「美味しく」「ヘルシーに」!
毎日の食生活を豊かに、そして便利にしてくれるスチームケースについて、紹介させてください。

■優秀素材×スタイリッシュデザイン
スチームケースは、スイス人デザイナー「ルキ・ヒューバー」が、メキシコの伝統料理バナナの葉の蒸し料理≠ゥらヒントを得てデザインしたもの。トマト、人参などの赤い野菜をイメージしたエネルギッシュで鮮やかなカラーが特徴です。

■スチームケースの6つの特徴

1.きわめて安全・・・シリコンは高品質のシリコンです!
シリコンにも色々あることをご存知ですか?
スチームケースをはじめとするルクエ社のキッチンウエアに使われているシリコンは、医療機関における機器や乳幼児の口に触れる商品などに使われている安心素材です。

2.幅広い耐熱性・・・マイナス30℃から260℃まで
素晴らしい耐熱性を持っています。
スチームケースは下ごしらえした料理を冷凍庫や冷蔵庫に入れておけば、いつでもチンするだけで出来たて料理が楽しめます。出来上がった料理や火だけ通した素材をそのまま保存することも可能です。

3.調理が簡単・・・開けて入れてフタをしてチンするだけ
力もテクニックも要らず、老若男女問わず使えるのがスチームケースの魅力。パタパタと重ねて閉める、ケースに一体化したフタが手早い調理のヒミツです。じゃがいもが3つくらい入る安定感ある大きさで、20cm位のお皿に山盛りの食材が入ります。
野菜の下ゆでや、ちょっと食品に火を通したいときにも便利です。

4.扱いが簡単・・・軽く柔らかく焦げ付かない
約210gと軽量で柔らかいので、収納も自在です。料理が焦げ付かないから洗い物がとてもラク。食洗機にもかけられます。またレンジから出してそのまま、食卓に運んでそのまま食事をすることができるから、たくさんの調理器具や食器を洗わずに済むのも嬉しいですね。

5.火と刃物に注意!・・・ヤケドと切り傷にご用心
プラチナシリコンは直火と鋭利な刃物などによる裂けや傷に注意すれば、特性を失わず長く使うことができる素材です。
火に触れると大きく燃え広がることはありませんが修復できないヤケドを負い、一度穴や傷ができるとそれが広がって劣化につながります。洗うときや収納するときには気をつけましょう。

6.蒸気と水分に注意!・・・調理後の取り出しにご用心
調理後のスチームケースは熱くなっており、ケース内の蒸気や食材から出てケースの底にたまった水分も、アツアツの状態です。電子レンジから取り出すときは、なるべく水平にケースを取り出し水分がこぼれないように。そして、手や顔に直接蒸気がかからないようにフタをあけましょう。慣れるまではオーブンミトンを使うのもおすすめです。

⇒手をさっと差し込むだけ!使いやすくカラフルなルクエのオーブンミトン 「シリコングリップ」

■スチームケースで豊かな食生活を
いかがでしたか?
スチームケースはヘルシー料理を心がけたいかた、料理に対して面倒臭さや苦手意識を持っている方にこそ、ぜひ使っていただきたい調理器具です。そして料理が大好きな方は、きっとステキな使い方やレシピのアイデアが次々と浮かんでくることでしょう。

以下のページにも、スチームケースについての説明がございます。よろしければ見てくださいね。

ルクエ社とは
プラチナ・シリコンについて
ルキ・ヒューバーについて


lecipe_title_top_bg.gif
lecipe_title_bottom_bg.gif
kotei.jpg

スチームケースは「プラチナ・シリコン」でできています。
プラチナ・シリコン…?
あまり聞き慣れない言葉ですね。普通の「シリコン」と一体、どこが違うのでしょうか? 早速、プラチナ・シリコンの特性についてご説明しましょう。

続きを読む
lecipe_title_top_bg.gif
lecipe_title_bottom_bg.gif
ルクエ・ロゴ

ルクエ社は、スペインのバルセロナに本社をおく、ラバーやシリコン素材を製造加工する高い技術レベルとクラフトマンシップを持った会社です。

スチームケース以外にも、氷を取り出せるラバー製の氷皿「アイスキューブトレイ(1985)」、オーブン・レンジで使用可能なプラチナシリコン製のケーキ型「フレキシ・クックシリーズ(1999)」など、誰もがカンタンに使えるユニバーサルデザインのカラフルなキッチン用品を多く世に送り出しています。

デザインと機能性に優れたルクエ社の製品の数々は、コラムジャパンの公式サイトにラインナップされています。特に人気のキッチン用品は、アマゾンや楽天、all about等のショッピングサイトでも購入することができます。また店頭販売につきましては、一部商品をデパートやバラエティストア等で扱っています。

コラムジャパン公式サイト
スチームケース取扱い店一覧


2008年08月04日

lecipe_title_top_bg.gif
lecipe_title_bottom_bg.gif
ルクエ社のシリコン製キッチンウエア「ルキシリーズ」を手がけているのは、ルキ・ヒューバー。オブジェのように美しく斬新でありながら使い勝手のよいルキ・デザインは、あのエル・ブリをはじめ、世界のキッチン・グルメ関連企業で採用されています。
 
ルクエ社における、ルキ・ヒューバーのシリーズ最新作がこの「スチームケース」です。「カンタンに手早く、ヘルシーな美味」を実現するスチームケースは、バナナの大きな葉で素材を包んで蒸す、メキシコの伝統料理からヒントを得たデザイン。老若男女問わずカンタンに使えることも、特徴のひとつです。
スタイリッシュで機能的なルキシリーズ。今後の商品展開にも、大きく期待していてくださいね。

luki1.jpgLUKI HUBER
1974年、スイス生まれ。
ルツェルン造形学校とバルセロナの美術学校で美術とデザインを学び、1994年からスペイン在住。
1999年にスタジオ設立、Cerabella,Xocoa,el Bulliなど革新的なブランドと提携。
2002年9月〜2005年9月まで、世界で最も予約のとれないレストラン「el Bulli(エル・ブリ/スペイン)」のクリエーション部門と独占契約を結び、数々の実験的な料理に大きく貢献。同時にキッチンウェアの共同開発も行う。

現在デザイナーとして活躍しながらも、2004年よりバルセロナのEina美術学校にて製品デザイン科目の教鞭をとる。
「ルクエ」の"ルキシリーズ "では、高品質のプラチナ・シリコンならではの柔軟性と発色を生かし、高いデザイン性と機能性を併せ持つキッチンウェアを次々に発表している。
公式HP http://www.lukihuber.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。